交通事故 上野栄子さん(64)と孫の久保來(らい)くん(2)が大槌学園のスクールバスにはねられた事故 岩手県大槌町大槌の県道

事故の概要

2017年9月13日午後5時5分ごろ、岩手県大槌町大槌の県道で、大槌学園スクールバスが、同町に住む上野栄子さん(64)と孫の久保來(らい)くん(2)をはねる事故がありました。

この事故で上野さんら2人は、岩手県釜石市内の病院に搬送されましたが、上野さんは約2時間20分後に脳挫傷と多発性ショックで搬送先の病院で死亡が確認されました。

また孫の久保くんは、頭にかすり傷の軽傷を負っているということです。

引用元:
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170914_4
http://www.news24.jp/nnn/news88513609.html

事故の状況について

事故の現場は、片側1車線で見通しの良い直線路で、50メートルほど離れた所には横断歩道がありました。

南進中のバスが左側から車道に出てきた久保來くんと、孫を追ってきた上野さんをはねたとみていて、事故の詳しい原因を調べています。

スクールバスは町が町内のタクシー会社に委託して運行していて、児童を送迎して町内に戻る途中で、バスには児童は乗っていなかったということです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA