交通事故 乗用車どうしが出会い頭に衝突した事故で、福留香代子容疑者(79)を逮捕 岡山県岡山市北区

事故の概要

2017年9月13日午後1時ごろ、岡山県岡山市北区川入の県道と市道が交わる交差点で、乗用車どうしが出会い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、一方の乗用車の後部座席に乗っていた近くに住む生後1か月あまりの女の子の赤ちゃんと1歳の女の子、それに母親(36)が病院に運ばれていて、手当てを受けています。

このうち1歳の女の子と母親は軽傷と見られていますが、赤ちゃんは足に怪我をしていて、詳しい容体は明らかになっていません。

運転していた父親(55)に怪我はありませんでした。

警察はもう一方の車を運転していた岡山県倉敷市に住む福留香代子容疑者(79)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対して、福留容疑者は「交差点の手前では信号は黄色だった。その後、信号を確認せずに交差点に入った」と供述しているということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023900841.html

事故の状況について

事故の現場は信号機がある交差点で、事故が起きた時に近くにいた男性は、「大きな音がして振り返ったら車が横転していた。その車に赤ちゃんが乗っていて赤ちゃんは足が車の下敷きになり、激しく泣きわめいていた」と話していました。

警察が事故の詳しい状況を調べています。

怪我をされた方が一日でも早く回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

信号機のある交差点での事故の基本過失割合について ~直進対直進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA