交通事故 松下俊彦さん(64)が軽乗用車にはねられ、死亡した事故 鳥取県境港市竹内町の国道431号線

事故の概要

2017年9月11日午後6時ごろ、鳥取県境港市竹内町の国道431号線で、道路を横断していた近くに住む松下俊彦さん(64)が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、松下さんは病院に搬送されましたが、腹を強く打つなどして、およそ4時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

軽乗用車を運転していた島根県安来市に住む会社員の男性(34)には、怪我はありませんでした。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/4043850681.html

事故の状況について

現場は近くに横断歩道と押しボタン式の信号のある片側2車線の直線道路で、事故当時は雨が降っていたということです。

また、近くでは松下さんの自転車が壊れた状態で見つかっていて、軽乗用車を運転していた会社員の男性は警察に対し「自転車に気づくのが遅れた」と話しているということです。

警察は松下さんが自転車を押して、歩いて道路を横断していたとみて事故の詳しい状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA