交通事故 自転車に乗る小学5年生の男子児童がひき逃げされる事故 山口県下関市上新地町の国道191号の交差点

事故の概要

2017年9月11日午後6時半ごろに、山口県下関市上新地町の国道191号の交差点で、自転車に乗った男子小学生が右折してきた車と接触し、ひき逃げされる事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた男子童は腕などを打撲する軽傷を負っています。

警察がひき逃げの疑いで調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00010002-tysv-l35

事故の状況について

右折してきた車が自転車に乗っていた近くの小学5年生の男子児童に接触し、はずみで倒れた児童は、腕などを打撲する軽いけがをしましたが、車の運転手は「大丈夫?」と声をかけたうえで警察に届け出ないまま走り去ったということです。

偶然近くにいた男の子の母親の友人が目撃し、母親が警察に通報しました。

警察では救護義務違反と事故不申告の疑いもあるとみて調べています。

怪我をされた児童が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA