交通事故 軽乗用車と普通乗用車が衝突する事故で、佐渡誠治容疑者(32)を逮捕 愛知県名古屋市

事故の概要

2017年9月13日午前3時半ごろ、愛知県名古屋市南区柴田本通の交差点で、飲酒運転の普通乗用車が軽乗用車と出会い頭に衝突し、軽乗用車の相手に怪我を負わせたまま、普通乗用車の運転手が車を乗り捨て事故現場から逃走するひき逃げ事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた愛知県名古屋市天白区に住む男性(50)が病院に搬送され、骨盤を折る重傷を負っています。

逃走した普通乗用車の運転手は、愛知県名古屋市守山区に住むの会社員の佐渡誠治容疑者(32)で、事故後に乗っていた車を乗り捨て逃走しましたが、かけつけた警察官にひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

佐渡容疑者の呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出されていて、警察の調べに対し「事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00171926-nbnv-l23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00001044-tokaiv-l23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00001051-tokaiv-l23

事故の状況について

事故の現場は、愛知県名古屋市南区柴田本通1丁目の信号機のある交差点で、国道を走っていた乗用車が、西向きに走ってきた軽乗用車と出合い頭に衝突し、普通乗用車をの運転手は、車を乗り捨て現場から逃走していましたが、目撃した男性が600メートルほど追いかけ、通報でかけつけた警察に逮捕されました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA