交通事故 沼田隆之容疑者(51)が飲酒運転の鈴木康央容疑者(50)の身代わりを名乗りでた事故 茨城県鹿嶋市宮中

事故の概要

2017年8月26日、茨城県鹿嶋市宮中の市道で、軽乗用車が駐車しようとしていた乗用車に衝突して、乗用車の助手席に乗っていた男性(62)が死亡した事故がありました。

この事故では、当初、軽乗用車を運転していたと話した茨城県神栖市に住む建設作業員の沼田隆之容疑者(51)は、実際には軽乗用車を運転しておらず、茨城県鹿嶋市に住む鈴木康央容疑者(50)をかばって身代わりを名乗りでた疑いが強まったとして、警察は2人を犯人隠避と過失運転致死などの疑いで2017年9月11日に逮捕しました。

警察の調べに対して、2人はいずれも容疑を認めているということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20170911/1070000017.html

事故の状況について

警察によりますと、鈴木容疑者は当時、飲酒運転をしていた疑いがあり、沼田容疑者に身代わりを指示した可能性があると見て、詳しい経緯を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

補足関連記事

交通事故の身代わりの罪と罰則について

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA