交通事故 佐々木久子さん(88)が長男(64)の運転する軽トラックにひかれて死亡した事故 長野県松本市入山辺

事故の概要

2017年9月11日午前9時過ぎに、長野県松本市入山辺の田んぼで、草刈りをしていた佐々木久子さん(88)が、佐々木さんの長男(64)の運転する軽トラックにひかれる事故がありました。

この事故で、佐々木さんは病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、およそ1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、長男が佐々木さんに気付かず軽トラックを発進させた可能性があると見て、事故の状況を詳しく調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20170911/1010000024.html

事故の状況について

警察によりますと、稲を刈って干す作業をしていた長男が軽トラックを発進させた際に、近くで草刈りをしていた佐々木さんをひいたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

補足関連記事

自分の子供など家族をはねてしまった場合に請求できる自動車保険

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA