交通事故 市の山田市雄教育長(65)が小田キソノさん(97)を乗用車ではねて死亡させた事故 岩手県陸前高田市竹駒町の国道340号線

事故の概要

2017年9月10日午後6時10分ごろ、岩手県陸前高田市竹駒町の国道340号線で、道路を横断していた97歳の高齢者女性が、市の教育長が運転する車にはねられる事故がありました。

この事故で、近くに住む小田キソノさん(97)が心肺停止の状態で大船渡市内の病院に搬送されましたが、左半身を強く打っており、およそ1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

乗用車を運転していたのは、岩手県陸前高田市の山田市雄教育長(65)で、警察の調べに対して、教育長は「女性に気付くのが遅れた」と話しているということです。

警察は過失運転致死の疑いで、教育長から任意で事情を聴くなどして、事故の原因を調べることにしています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/6043819241.html

事故の状況について

事故があった現場は見通しのいい片側1車線の直線の道路で、横断歩道はありませんでした。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

横断歩道を渡らないで交通事故にあった場合の過失割合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA