交通事故 上田直司容疑者(46)がバイクをひき逃げした事故で逮捕 大阪府豊中市上野坂

事故の概要

2017年9月10日正午ごろ、大阪府豊中市上野坂の路上で、バイクに乗る同市に住む自営業の男性(60)が軽乗用車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた男性は、病院に搬送されましたが、胸の骨を折るなどの重傷を負っています。

警察は、ひき逃げなどの疑いで大阪府吹田市に住む建設作業員の上田直司容疑者(46)を逮捕しました。

警察の調べに対して、上田容疑者は「飲酒がばれるのが嫌で逃げた」と容疑を認めたということです。

事故の状況について

上田容疑者は、大阪府豊中市上野坂の中央環状線西向き車線で軽乗用車を運転中、前を走行していたバイクをはねたまま、事故現場から走り去りました。

後続車のドライブレコーダーには、急ハンドルを切ってバイクに接触する上田容疑者の車が映っていました。

逮捕された際、上田容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということで、警察は事故当時の状況を詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA