交通事故 2人乗りのオートバイが転倒し、小学生を巻き込むひき逃げ事故 沖縄県浦添市当山

事故の概要

2017年9月8日午前7時40分ごろ、沖縄県浦添市当山の国道330号線と県道が交わる交差点で、2人乗りのオートバイが転倒し、うち1人が横断歩道を渡っていた小学生にぶつかる事故がありました。

オートバイを運転していた男は、その場から逃走しており、同乗していた少年(17)は両足に軽いけがをしているということです。

小学生は、頬にすり傷を負う軽い怪我でした。

警察はひき逃げ事件として行方を追っています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20170908/5090000156.html

事故の状況について

2人が乗ったオートバイが転倒し、その勢いで1人が横断歩道を渡っていた小学1年生の男子児童にぶつかり、児童は、ほおにすり傷を負ったということです。

警察は、ひき逃げ事件として、逃げた男の行方を追っています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA