交通事故 飲酒運転の軽乗用車と大型バイクが正面衝突した事故で、花澤豊容疑者(74)を逮捕 長野県白馬村の国道

事故の概要

2017年9月9日午後5時20分ごろ、長野県白馬村の国道で、飲酒運転の軽乗用車と大型バイクが正面衝突する事故がありました。

この事故で、大型バイクを運転していた千葉県四街道市に住む男性会社員(40)が病院に搬送されており、腰や足の骨を折るなどの大けがを負っています。

警察は、軽乗用車を運転していた長野県白馬村に住む花澤豊容疑者(74)を酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。

警察の調べに対し「酒を飲んだことは間違いありません」などと供述し、容疑を認めているということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20170910/1010000003.html

事故の状況について

軽乗用車を運転していた花澤容疑者から酒のにおいがしたため調べたところ、息から基準を超える濃度のアルコールが検出されたとして、酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。

警察で事故の状況について詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA