交通事故 道路を横断中の男性2人が乗用車にはねられる事故 福井県若狭町能登野の国道27号線

事故の概要

2017年9月9日午後9時すぎに、福井県若狭町能登野の国道27号線の交差点で、道路を横断中の男性2人が乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、いずれも近くに住む地方公務員の男性(51)が頭を強く打ち意識不明の重体となっているほか、一緒にいた自営業の男性(61)も顔などに軽い怪我を負っています。

乗用車を運転していた福井県美浜町に住む団体職員の男性(43)に怪我はありませんでした。

警察は乗用車を運転していた男性から話を聞いて、事故の詳しい原因を調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukui/3053802161.html

事故の状況について

警察によりますと、はねられた男性2人は近くの神社で行われていた祭りに参加したあとだったということです。

事故の現場は、田畑や住宅が点在する片側1車線の見通しのよい直線道路で、信号機や横断歩道は設置されておらず、街灯もなかったということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA