交通事故 オートバイが道路左脇の標識に衝突し、小野啓司さん(68)が死亡 大分県大分市中戸次の国道10号線

事故の概要

2017年9月10日午前4時過ぎに、大分県大分市中戸次の国道10号線で、オートバイが道路左脇の標識に衝突する事故がありました。

この事故で、オートバイに乗っていた大分県大分市猪野に住む会社員の小野啓司さん(68)が病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、まもなく搬送先の病院で死亡が確認されました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/5073803201.html

事故の状況について

事故の現場は、緩やかな右カーブで、オートバイがカーブを曲がりきれなかったことが事故の原因と見て、当時の状況を詳しく調べています

家族の話では、小野さんは10日は仕事が休みで、この日は午前3時半ごろからツーリングに出かけていたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

道路標識や街路樹などの公的なものを壊した場合の損害賠償額の相場について

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA