交通事故 飲酒運転でひき逃げした金龍萃容疑者(66)が逮捕 大阪府東大阪市永和

事故の概要

2017年9月7日午後7時ごろ、大阪府東大阪市永和で、飲酒運転の軽乗用車が自転車の男性をひき逃げする事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた男性(42)が転倒し軽傷を負いました。

警察は、軽乗用車を運転していた会社員の金龍萃容疑者(66)をひき逃げと酒気帯び運転の疑いなどで逮捕しました。

金容疑者は酒気帯び運転については認めているものの、ひき逃げについては否認しています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000000-kantelev-l27

事故の状況について

軽自動車が自転車をはねた後、そのまま現場から走り去ったため、一緒にいた男性の友人が自転車で追いかけ、信号待ちをしていたところを呼び止めました。

その後、警察が検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA