交通事故 電車とミニバイクが衝突する事故 広島県福山市神辺町の踏切

事故の概要

2017年9月7日午後2時半ごろ、広島県福山市神辺町の踏切で、電車とミニバイクが衝突する事故がありました。

この事故で、ミニバイクを運転していた広島県福山市神辺町に住む会社員の武田知弘さん(26)が外傷性ショック死により、死亡しました。

電車に乗っていた乗客乗員の37人には、ケガはありませんでした。

引用元:http://www.sankei.com/west/news/170907/wst1709070095-n1.html

事故の状況について

事故の現場は、広島県福山市神辺町道上のJR福塩線道上-万能倉間の踏切で、福山発府中行き普通電車とミニバイクが衝突したということです。

踏切には警報機や遮断機はなく、運転士が踏切に入ってきたミニバイクに気付き非常ブレーキをかけたが間に合わなかったということです。

この事故の影響で、同線の福山-府中間で一時運転を見合わせ、約2,500人に影響しました。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA