交通事故 軽乗用車がコンクリートの壁に衝突し、吉田翔さん(18)が死亡 山形県鮭川村の県道

事故の概要

2017年9月7日午前7時過ぎに、山形県鮭川村中渡の県道で、軽乗用車がカーブを曲がりきれずに道路脇にあるコンクリートの壁に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた近くに住む会社員の吉田翔さん(18)が頭などを強く打って新庄市内の病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡しました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6023723101.html

事故の状況について

現場は片側1車線の道路が緩やかなカーブになっているところで、軽乗用車が左カーブを曲がりきれずにセンターラインを越え、道路脇にある住宅のコンクリートの壁に衝突しました。

警察は、吉田さんは出勤途中に、スピードを出しすぎてカーブを曲がりきれずに道路脇の壁に衝突したとみて事故の詳しい状況を調べています。

車が激突した壁がある住宅に住んでいる男性は「朝7時ころに新聞を読んでいたら大きな音がして、外に出て見たら車が横転していて驚いた」と話していました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA