交通事故 幼稚園の送迎バスと男子高校生(17)が接触した事故 千葉県流山市東初石の市道

事故の概要

2017年9月6日午前8時過ぎに、千葉県流山市東初石の市道の交差点で、幼稚園の送迎バスが前から歩いていた男子高校生(17)とすれ違った際に接触する事故がありました。

この事故で、高校生は転倒して尻もちをつき、軽傷を負いました。

バスに乗っていた園児19人と運転手には怪我はありませんでした。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/1083687372.html

事故の状況について

警察によりますと、バスは千葉県柏市の幼稚園に向かう途中で、交差点の手前で一時停止するためスピードを落としていたということです。

警察が事故の状況を詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

交通事故 幼稚園の送迎バスと男子高校生(17)が接触した事故 千葉県流山市東初石の市道” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    バスが止まる直前に 高校生が突然進路を変えたとしかおもえん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA