交通事故 乗用車や大型トラックなど3台が絡む事故で、菊井亮佑さん(23)と新穗次成さんが(40)が死亡 滋賀県栗東市安養寺の名神高速道路

事故の概要

2017年9月6日午前3時30分頃、滋賀県栗東市安養寺の名神高速道路上り線で、乗用車が大型トラックに衝突し、後方を走行していたタンクローリーを巻き込む多重事故がありました。

この事故で、乗用車に乗っていた2人が車外に投げ出され、滋賀県東近江市に住む菊井亮佑さん(23)と滋賀県湖南市に住む新穗次成さんが(40)が意識不明の状態で、近くの病院に搬送されましたが、まもなく2人とも死亡が確認されました。

トラックとタンクローリーの運転手には怪我はありませんでした。

県警高速隊が身元や事故原因を調べている。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000029-jij-soci
http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/2063680661.html

事故の状況について

現場は3車線から2車線に変わる場所で、一番左を走っていた乗用車が右に車線を変更する際、真ん中の車線を走っていた大型トラックに追突し、反動で追い越し車線を走っていたタンクローリーにも衝突したということです。

 

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

高速道路で車線変更した際の交通事故の過失割合について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA