交通事故 車3台が絡む多重事故で、運転手の一人が逃走するひき逃げ事故 茨城県境町山崎の県道交差点

事故の概要

2017年9月4日午前9時40分ごろ、茨城県境町山崎の県道交差点で、軽乗用車と乗用車が出合い頭に衝突し、その弾みで軽乗用車が対向車線を走っていた軽トラックにもぶつかる事故がありました。

この事故で、軽乗用車に乗っていた茨城県坂東市弓田に住む会社員の染谷寛人さん(29)と同乗していた茨城県境町に住む会社員の福島浩之さん(53)が腰の骨を折るなどの重傷を負いました。

また軽トラックを運転していた男性(77)は軽傷を負っています。

乗用車の運転手は、事故後に車を放置して逃走しており、運転手は男の可能性が高いということです。

警察はひき逃げ事件として逃げた運転手の行方を追っています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000008-san-l08

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA