交通事故 50代の男性が軽乗用車にひき逃げされた事故で、川路雄太容疑者(22)が逮捕 大阪府東大阪市加納の市道交差点

事故の概要

2017年8月30日午後11時30分ごろ、大阪府東大阪市加納の市道交差点で、横断歩道を歩いていた同府大東市に住む50代とみられる男性が、軽乗用車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、男性は病院に搬送されましたが、頭蓋骨を骨折する重傷を負っています。

大阪府警河内署は翌8月31日に、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、大阪府東大阪市菱江に住む会社員の川路雄太容疑者(22)を逮捕しました。

警察の調べに対して、川路容疑者は「怖くなって逃げた」と容疑を認めているということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000527-san-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000061-mbsnewsv-l27

事故の状況について

ひき逃げされた男性は、路上に倒れ込んでいるのを通行人が発見し、通報してくれました。

川路容疑者が約2時間後に友人に連れられて同署に出頭したということです。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA