交通事故 乗用車どうしが正面衝突し、大橋禮子さん(92)が死亡 滋賀県長浜市川道町の県道331号線

事故の概要

2017年8月30日午後4時ごろ、滋賀県長浜市川道町の県道331号線で、乗用車どうしが正面衝突する事故がありました。

この事故で、東向きに走行していた乗用車の後部座席に乗っていた大橋禮子さん(92)が死亡したほか、その車を運転していた大橋さんの息子(65)が鎖骨などを折る重傷を負っています。

また対向車を運転していた男性(34)は、右肩打撲などの軽傷を負いました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000013-kantelev-l25

事故の状況について

大橋さんは、東京から帰省している息子と買い物に行った帰りだったということです。

警察は大橋さんの乗った車がセンターラインをはみ出したことが事故の原因とみて、詳しく調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方々が一日でもはやく回復する事を願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA