交通事故 乗用車がイノシシと衝突した事故 富山県氷見市の能越道

事故の概要

2017年8月29日午後10時20分ごろ、富山県氷見市の能越道で、乗用車がイノシシに衝突し、はずみで中央線を越えて炎上する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた石川県七尾市に住む男性(21)が軽傷を負いました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170830-00000048-jnn-soci

事故の状況について

イノシシと衝突した乗用車は、事故のはずみで中央線を越えて、対向車線ののり面に乗り上げ、車両の前方部分から出火し、全焼しました。

能越道は1時間40分にわたって通行止めになりました。車にはねられたイノシシは死亡しています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

動物をはねてしまった場合の対応と自動車保険の補償について

通行止めや渋滞させたことによる損害賠償請求について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA