交通事故 軽乗用車どうしがセンターライン上で衝突した事故 長野県下諏訪町の国道142号線

事故の概要

2017年8月22日午後1時20分ごろ、長野県下諏訪町の国道142号で、軽乗用車どうしが衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた東京都町田市に住む会社員の女性(28)、相手の軽自動車を運転していた岐阜県岐阜市に住む男子大学生(21)とその助手席に乗っていた同市に住む女子大生(21)の3人は病院に搬送されていて、いずれも重傷とのことです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1013254721.html

事故の状況について

警察によりますと、事故の現場はセンターラインがある片側1車線のゆるやかなカーブで、2台の車はセンターライン上で衝突したとみられるということで、警察は事故の原因を詳しく調べています。

怪我をされた方々が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA