交通事故 パトカーに追跡されたが乗用車が中型トラックと正面衝突し、高坂辰史さん(29)が死亡 群馬県伊勢崎市

事故の概要

2017年8月21日午後11時15分ごろ 群馬県伊勢崎市の県道で、乗用車と中型トラックが正面衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた群馬県伊勢崎市に住む高坂辰史さん(29)は死亡しており、中型トラックを運転していた群馬県県みどり市に住む橋場俊明さん(58)は病院に搬送されましたが、重傷を負っているということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000013-asahi-soci
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170822/3230301.html

事故の状況について

伊勢崎署の調べでは、事故直前にセンターラインをはみ出して走行中の乗用車をパトカーが見つけ、停止を求めると逃走して走り去ったということでした。

警察官はパトカーで追跡しながら乗用車に停止するよう呼びかけましたが、乗用車は止まらず前にいた別の車に追突した後、200メートルほど先の工事規制区間で反対車線に入り、対向車線を走っていたトラックと正面衝突しました。

山崎昌樹副署長は「適正な職務執行だったと考えている」としています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

 

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA