交通事故 右折車と直進車が衝突し、はずみで1台の乗用車が信号機をなぎ倒す事故 北海道札幌市

事故の概要

2017年8月15日午前9時ごろ、北海道札幌市の国道で、右折車と直進車が衝突し、はずみで1台の乗用車が信号機をなぎ倒す事故がありました。

この事故で、双方の車を運転していた少年(10代)と男性(60代)がそれぞれ軽傷を負っています。

また衝突された信号機は根元から折れていて、事故後3時間は迂回通行となりました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170815-00000044-ann-soci

事故の状況について

事故の現場は、北海道札幌市内の国道で、交差点を右折しようとした乗用車が、前から来た別の乗用車と衝突し、そのはずみで一方の車が信号機に突っ込んだ事故です。

この場所は札幌中心部へと向かう幹線道路で、約3時間にわたり迂回通行となったことから、一時混乱したということです。

警察が事故の原因を調べています。

補足関連記事

信号機のある交差点での交通事故の基本過失割合 ~直進と右折車

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA