交通事故 野口文男さん(84)が道路を横断中に路線バスにはねられ死亡した事故で、関口成春容疑者(54)を逮捕 神奈川県横浜市鶴見区北寺尾4の市道丁字路

事故の概要

2017年7月29日午後4時ごろ、神奈川県横浜市鶴見区北寺尾4の市道丁字路で、道路を歩いて横切ろうとした近くに住む野口文男さん(84)が、右側から来た川崎鶴見臨港バスの路線バスにはねられる事故がありました。

この事故で、野口さんは病院に搬送されましたが、3時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

神奈川県警鶴見署は、バスを運転していた神奈川県横浜市鶴見区に住む関口成春容疑者(54)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕しました。

警察の調べに対して 関口容疑者は「飛び出してきた歩行者とぶつかった。乗客がいたので急ブレーキを踏めなかった」などと説明しているといいます。

バスの乗客30~40人にけがはなかった。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000073-mai-soci
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170729/5614191.html
http://www.sankei.com/affairs/news/170730/afr1707300001-n1.html
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3118163.html

事故の状況について

事故の現場は、横浜市鶴見区北寺尾の信号機や横断歩道がないT字路の交差点です。

野口さんは近くの畑に行くため、道路を横切りましたが、バスは乗客が乗っていたため急ブレーキを踏めず、はねてしまったという事故でした。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA