交通事故 パトカーに追跡されていた軽乗用車が男性(40)をひき逃げした事故 大阪府守口市滝井元町の市道

交通事故の概要

2017年7月27日午前0時25分ごろ、大阪府守口市滝井元町の市道で、大阪府警守口署のパトカーに追跡されていた軽乗用車が、路上にいた男性(40)をひき逃げする事故がありました。

この事故で、はねられた男性は右腕に軽傷を負っています。

警察では、過失傷害やひき逃げの疑いで捜査しています。

事故の状況について

軽乗用車は、ひき逃げ事故の直前にパトカーに追跡されていましたが、これは現場から北西に約1キロ離れた大阪府守口市大宮通の市道で、エンジンをかけたまま停車していたところを警察署員が運転手に職務質問しようとしたところ逃走したためだったようです。

被害にあった男性は別の車に荷物を積み降ろす作業をしていたということです。

怪我をされた方が一日も早く回復されることを心より願っています。

補足関連記事

飲酒運転を隠そうとしたのであれば、問題にならないほど大きな罪にしてしまった感があります。

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

交通事故の”ひき逃げの罪”と”飲酒運転の罪”に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA