交通事故 曽木数壱さん(41)の大型トラックと軽乗用車が出合い頭に衝突する事故で、少女(19)が意識不明の重体 鹿児島県志布志市の交差点

交通事故の概要

2017年7月22日午前5時50分ごろ、鹿児島県志布志市の交差点で、軽乗用車と大型トラックが出合い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた近くに住む少女(19)が病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、意識不明の重体となっています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170722-00000021-nnn-soci

事故の状況について

鹿児島県志布志市の交差点で、軽乗用車と大型トラックが出合い頭に衝突する事故がありました。

少女の乗っていた車は、運転席側が大きく凹んでおり、かなり強い衝撃で衝突したことが伺えます。

警察によると、現場の交差点の信号機は、深夜0時から午前6時まで少女側の信号が赤色の点滅、大型トラック側の信号が黄色の点滅になっているということです。

警察は大型トラックを運転していた鹿児島県鹿屋市に住む運転手の曽木数壱さん(41)から当時の状況を聞くなどして事故の原因を調べている。

怪我をされた少女が一日もはやく回復されることを心より願っています。

補足関連記事

信号機の黄色点滅は優先道路、赤信号の点滅は一時停止に相当します。

信号機が切り替わる直前の事故であるため、事故時間も含めて確認したい点が多いのですが、ドライブレコーダー等がないと、信号機の立証は難しいかもしれません。

ニュース通りの内容であれば、少女側の基本過失割合は80%になります。

信号機のない交差点での出会い頭の事故における過失割合について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA