交通事故 飲酒運転の乗用車が24歳の男性をはねた事故 埼玉県さいたま市岩槻区本町4丁目の市道

事故の概要

2017年9月5日午前7時25分ごろ、埼玉県さいたま市岩槻区本町4丁目の市道で、飲酒運転の乗用車が、道路左側の民家のブロック塀に衝突した後、対向して歩いてきた県内に住む男性(24)と衝突する事故がありました。

この事故で、被害者男性は腰などに2週間のけがを負いました。

埼玉県岩槻署は、乗用車を運転していた埼玉県さいたま市岩槻区城南5丁目に住む自営業の男性(43)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕しました。

警察の調べに対して、男性容疑者は「男性をはねて負傷させたことは認めるが、私自身アルコールが残っていたという自覚がない」などと供述しているということです。

事故の状況について

男性容疑者の呼気からは基準値の3倍弱の0.7mg/ℓのアルコールが検出されています。

事故の現場はセンターラインのない直線道路で、ガードレールなどもない場所でした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA