交通事故 飲酒運転の大型トラックが横転、戸川正文容疑者(47)が逮捕 鹿児島県霧島市の東九州自動車道

事故の概要

2017年8月30日午後8時ごろ、鹿児島県霧島市の東九州自動車道で、飲酒運転した大型トラックが横転する事故がありました。

この事故で、鹿児島県日置市伊集院町に住む戸川正文容疑者(47)が酒気帯びの運転の現行犯で逮捕されました。

この事故での怪我人はいなかったようです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00025051-mbcnewsv-l46
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00025060-mbcnewsv-l46

事故の状況について

県警高速道路交通警察隊によりますと、戸川容疑者は、東九州自動車道の霧島市国分インター付近の上り線で、トラックは中央分離帯に衝突した後、道路に横転し、エンジン部分から火が出ましたが、事故に巻き込まれた車やけが人などはいませんでした。

トラックは冷凍の肉を積んで広島県に向かう途中で、戸川容疑者は警察の取り調べに対し、「缶ビール2本と焼酎を飲んで運転した」と供述し、容疑を認めているということで、警察で詳しい経緯を調べています。

なお、この事故の影響で、国分インターと隼人東インターの間がおよそ10時間、上下線とも通行止めとなりました。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA