交通事故 幸毅容疑者(34)が酒気帯び運転で信号無視でひき逃げした事故で逮捕される 愛知県豊橋市

事故の概要

2017年8月15日午前4時前に、愛知県豊橋市で、酒気帯び運転で信号無視をして乗用車に衝突し、ひき逃げする事故がありました。

この事故で、衝突された車を運転していた会社員の男性(52)は軽傷を負っています。

警察は、ひき逃げ事故を起こした車を運転していた愛知県豊橋市弥生町に住む会社員の幸毅容疑者(34)を逮捕しています。

幸容疑者は警察の調べに対し「飲酒がバレると思って逃げた」などと容疑を認めているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000811-tokaiv-l23

事故の状況について

事故の現場には、逃走した車のナンバープレートが残っていたことなどから、警察が所有者の幸容疑者を割り出し、自宅で調べたところ、幸容疑者の呼気から0.15mg/ℓ以上のアルコールを検知し、飲酒運転が発覚したということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

車にぶつかった事故であっても、乗っていた方が怪我を負う人身事故となった場合、怪我人を放置し、現場から離れると法律上のひき逃げとして扱われます。

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA