交通事故 乗用車がガードケーブルに衝突後、後続の乗用車ともぶつかり、中国籍のマ・カさん(25)が死亡した事故

事故の概要

2017年8月11日午後9時ごろ、長野県松本市島内の長野道で、乗用車がガードケーブルに衝突し、さらに後ろから来た乗用車とも衝突する事故がありました。

この事故で、長野県安曇野市豊科に住む派遣社員の女性で中国籍のマ・カさん(25)が病院に搬送されましたが、出血性ショックのため約5時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

後続の車を運転していた松本市の男性にけがはありませんでした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00310847-sbcv-l20

事故の状況について

事故の現場は見通しの良い直線の区間で、マさんの運転する乗用車が道路左端のガードケーブルに衝突して止まり、さらに後ろから来た乗用車が衝突した事故です。

この事故の影響で長野道下り線は塩尻北インターと松本インターの間で、4時間半以上にわたって通行止めとなりました。

当時は雨は降っていなかったということで、警察が詳しい状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

また外国人が絡む事故の場合には取り扱いについて注意する必要があります。

無責事故とは何か?

外国人の乗る車と交通事故を起こした場合の注意点

交通事故のスピードと死亡率の関係

道路を通行止めや渋滞させたことによる損害賠償請求について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA