交通事故 居眠り運転をした女性(25)の軽自動車が理容店に突っ込む事故 福島県郡山市並木

事故の概要

2017年8月13日午前5時すぎに、福島県郡山市並木で、軽自動車が理容店兼住宅に突っ込む事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた女性会社員(25)が軽傷を負ったほか、この住宅に住む男性(81)も軽い怪我を負いました。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170813-00000011-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00010005-minyu-l07

事故の状況について

事故の現場は、福島県郡山市並木の片側一車線の緩やかなカーブの手前の場所で、会社員の女性(25)が運転する軽自動車がセンターラインを越えて、対向車線側の道路脇にある理容店兼住宅に突っ込みました。

この事故で、店内にいた店主の男性理容師(81)は左頬に破片を受け、女性は両膝を切る軽傷を負いました。

郡山署によると、女性が市道を走行していたところ右にそれ、理容店付近のアパート駐車場の軽乗用車に接触し、そのまま店の壁を突き破ったようです。

女性は帰宅途中で、同署は居眠り運転をしていたとみて詳しい原因を調べている。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA