交通事故 飲酒運転の軽乗用車が路駐の大型トラックに衝突し、池谷優也さん(19)が死亡した事故 愛媛県四国中央市土居町の市道

事故の概要

2017年8月11日午前1時半ごろ、愛媛県四国中央市土居町の市道で、飲酒運転の軽乗用車が駐車中の大型トラックに衝突する事故がありました。

この事故で、後部座席に座っていた池谷優也さん(19)が頭を強く打ち死亡したほか、運転していた江口徹さん(21)が意識不明の重体となっています。

また男性(29)が胸の骨を折る重傷で、少年(19)が腕や足に軽傷を負っています。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170811-00000042-jnn-soci
http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20170811/5982441.html

事故の状況について

4人が乗った軽乗用車が、右側にはみだし、反対車線側の駐車場に停まっていた大型トラックに衝突して横転しました。

事故の現場は、センターラインのない緩やかなカーブで、警察は飲酒運転の可能性があるとみて詳しく調べています。

軽乗用車に乗っていた4人は会社の同僚で、市内の居酒屋からの帰りだったと見られいて、警察は飲酒運転などの疑いもあると見て捜査しています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方々が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の場合には、運転手だけではなく、同乗者や車両提供者にも同等の罪に問われます。

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

交通事故のスピードと死亡率の関係

路上駐車していた車にぶつけてしまった場合の過失割合について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA