交通事故 軽乗用車が電柱に正面から衝突し、運転していた男性が死亡した事故 北海道帯広市西9条南16丁目の市道

事故の概要

2017年8月11日午前4時半過ぎに、北海道帯広市西9条南16丁目の市道で、軽乗用車が電柱に突っ込む事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた男性(60歳くらい)が意識不明の重体で病院に搬送されましたが、2時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000002-hokkaibunv-hok

事故の状況について

近くを通りかかった人が「車が電柱にぶつかっている」と警察に通報しました。

事故の現場は見通しのよい交差点の近くで、軽乗用車が正面から電柱にぶつかっていて、周囲にブレーキの痕はなかったということです。

警察は男性の身元の特定を急ぐとともに、事故の原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA