交通事故 飲酒運転で6人の作業員をはねた事故で、山本隆慶容疑者(43)を逮捕 熊本県熊本市中央区坪井4丁目の国道3号の浄行寺交差点

事故の概要

2017年8月10日午前0時20分ごろ、熊本県熊本市中央区坪井4丁目の国道3号の浄行寺交差点で、地質調査の作業現場に飲酒運転の乗用車が突っ込む事故がありました。

この事故で、作業員6人が病院に搬送されており、重軽傷を負っています。

男性(38)両足骨折の重傷
男性(43)頭部外傷の重傷
男性(42)骨盤骨折の重傷

その他、男性社員、交通整理していた女性、公務員男性の3名が足や腕に怪我を負っています。

熊本北署は、車を飲酒運転していた熊本県熊本市北区清水亀井町に住む山本隆慶容疑者(43)を酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕しました。

警察の調べに対して、山本容疑者は容疑を認めているということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000042-asahi-soci
https://www.tku.co.jp/news/

事故の状況について

交通規制をしながら十数人が作業していた現場に、山本容疑者の車が飲酒運転で突っ込んできたということです。

山本容疑者からは呼気1リットル中0.54mg/ℓと基準値の3倍を超えるアルコールが検出されています。

山本容疑者は警察の調べに対して「近くで缶ビールを飲んだ」と話しています。

署は飲酒の状況を詳しく調べ、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑についても捜査を進める。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

 

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA