交通事故 軽乗用車が街灯に衝突した事故で、男児(7)が意識不明の重体 鹿児島県薩摩川内市の国道

事故の概要

2017年8月9日午前11時過ぎに、鹿児島県薩摩川内市の国道で、軽乗用車が街灯に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた鹿児島県阿久根市波留に住む牛道セク子さん(65)は、右の手首の骨を折る重傷を負っています。

また軽乗用車に乗っていた牛道さんの2人の孫のうち、男児(7)が頭などを強く打っており、意識不明の重体となっていて、助手席に乗っていた男児(8)は胸を打つ軽傷を負っています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00010000-kkbv-l46

 

事故の状況について

事故の現場は、片側2車線の見通しの良い直線道路です。

牛道さんの軽乗用車には、福岡県在住で帰省していた孫が乗っていたということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA