交通事故 乗用車が対向車線にはみだし、別な乗用車に正面衝突する事故 鹿児島県鹿児島市下伊敷の国道3号

事故の概要

2017年8月7日午後0時半ごろ、鹿児島県鹿児島市下伊敷の国道3号で、乗用車が対向車線にはみだし、別な乗用車に正面衝突する事故がありました。

この事故で、対向車線にはみ出した乗用車を運転していた鹿児島県薩摩川内市に住む女性(53)が意識不明の重体となっていますが、目立った外傷はなく、持病を持っていたことから運転中に病気で意識を失った可能性があると警察はみています。

また、もう1台を運転していた鹿児島県鹿児島市に住む会社員の男性(37)は、首などを打つ軽傷を負っています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00024647-mbcnewsv-l46

事故の状況について

乗用車同士が交差点ですれ違う際に1台が対向車線にはみ出し、衝突したということです。

病気が事故の原因である可能性もあり、警察で慎重に調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

病死や発作が原因の交通事故の自動車保険の支払いについて

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA