交通事故 右折する乗用車とトラックが衝突した事故で、宮内精子さん(83)が死亡 北海道苫小牧市本町1丁目の国道36号線の交差点

事故の概要

2017年8月5日午前9時30分ごろ、北海道苫小牧市本町1丁目の国道36号線の交差点で、トラックが対向車線から右折してきた乗用車と衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車に乗っていた北海道苫小牧市に住む宮内精子さん(83)が病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、まもなく搬送先の病院で死亡が確認されました。

この乗用車を運転していた女性(78)は、胸などに軽傷を負っています。

またトラックを運転していた男性(44)には、怪我はなかったということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000001-hokkaibunv-hok
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170805/5817821.html

 

事故の状況について

事故の現場は片側2車線の交通量の多い交差点で、警察は、双方の運転手から話を聞くなどして、事故の詳しい原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日も早く回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

信号機のある交差点での交通事故の基本過失割合 ~直進と右折車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA